おもしろ画像

    md307


    1: 名無しさん 2016/02/29(月) 22:43:25.69 ID:42dJZxJg0●.net BE:614796825-PLT(17667) ポイント特典

    【【閲覧注意】象みたいな豚、中国で誕生する これ神獣だろwwwwwwww(※画像あり)】の続きを読む

    ea453_1441_ab0ba216_1e76a74d

    【芸能】ミタパンが西武・金子と破局!互いの仕事に集中、良い友人関係に


      1: 名無しさん 2016/02/20(土) 05:15:13.90 ID:CAP_USER*.net
      2016.2.20 05:05

      一昨年8月に熱愛が発覚したフジテレビの三田友梨佳アナウンサー(28)と、プロ野球・西武の金子侑司内野手(25)が破局していたことが19日、分かった。

      関係者によると、昨年末に別れたという。
      三田アナは同局の次期エース候補としてまい進中、金子も遊撃手のレギュラー有力候補として期待される。
      互いに仕事をレベルアップさせるため、交際に終止符を打ち、よき友人として良好な関係を続けている。

      交際の進展が注目されていたミタパンとイケメン若獅子が、ひそかに別々の道を歩んでいた。

      複数の関係者の話を総合すると、破局したのは昨年末。
      以前は三田アナが西武の本拠地・西武プリンスドームに応援に駆けつける姿も見られたが、
      彼女を知る関係者は「最近、週末は出掛けていないそうです」と証言。
      金子も親しい知人に友人関係に戻ったことを報告しており、2年数カ月の交際に終止符を打った。

      三田アナは、午後の情報番組「直撃LIVE グッディ!」の進行役を務めており、4月いっぱいで退社し、フリーに転身する加藤綾子アナ(30)に続く次期エース候補。
      一方の金子は、入団1年目から昨季まで3年連続で1軍で開幕を迎えるも、不振から昨年6月に登録抹消。
      その後、鼻骨を骨折するけがに見舞われたが、今季は遊撃手のレギュラー獲りに燃えている。

      関係者によると、幾度かの破局危機を乗り越え、愛を育んできた2人だが、互いの仕事に集中するため、前向きに別れを決断したようだ。
      また、三田アナの父で東京・日本橋浜町の老舗劇場、明治座の社長である三田芳裕氏(64)が交際に反対していた。

      2014年8月上旬にサンケイスポーツなどで熱愛が発覚してから、同月下旬に2人の腕組みデートが週刊誌で報じられた際には、「(金子のことは)存じません。娘からまったく報告もありません。親子の断絶です」と“意味シン”に語っていた。
      家族思いのミタパンだけに、父の反対も影響を及ぼしたようだ。

      ミタパンと金子は13年春に同局系「めざましテレビ」の取材で出会い、同年秋の食事会で急接近し、交際に発展。
      一度は破局するも、14年7月に復活し、翌月の熱愛報道を受けた金子が、「すごい大事な人」と交際宣言していた。

      2人は現在も連絡を取り合うなど良好な友人関係を維持。
      それぞれの道で精進するため、前向きな一歩を踏み出した。


      ・西武の金子侑司内野手と破局していたフジテレビの三田友梨佳アナウンサー
      no title

      ・三田友梨佳アナウンサーと破局していた西武の金子侑司内野手
      no title

      http://www.sanspo.com/geino/news/20160220/div16022005050001-n1.html

      【【超絶悲報】ミタパンこと三田友梨佳アナ(28)、野球選手の年下彼氏(25)に捨てられるwwwこれは完全に終了www】の続きを読む

      20150202024800

      ゆとり世代が初めてMDを目にした結果wwwwwww


      1: 名無しさん 2015/11/24(火) 13:08:38.43 ID:5DIWFU8F0.net
      果実@C89(12/31)東X-17a– @********* 
      すげー、初めて見た CDとカセットテープのハイブリッドみたいな感じだな
      no title

       
      存在は知ってたけど実物を触るのは初めて 近未来的な何かを感じるわ
       
      今までこれを差し込めるパソコンに出会ったことがなかったの どこで使うの…?!

      【【画像】ゆとり世代が初めて○○を目にした結果www】の続きを読む

      このページのトップヘ