生き物

    ダウンロード


    1: 名無しさん 2016/04/26(火) 07:57:22.00 ID:Pt9Dz0m10●.net BE:273822876-PLT(13000) ポイント特典
    no title


    名無し(高知県):2016/04/24(日) 11:41 ID:XXXXXXXX
    高知県にてモグラが大量に地面に上がってます。南海トラフ地震の前兆か…

    【【驚愕】高知県でモグラが大量に地面から出てきて死亡している模様 ・・・・(※画像あり)】の続きを読む

    mexico

    1: 名無しさん 2016/04/15(金) 17:39:57.21 ID:LxGUwqhC0.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
    メキシコに「黒い天使」のような謎の人型生物が現れた。ケレタロ州サン・セバスチャン・ベルナルで写真が撮影された。

    「鳥か昆虫がレンズを横切ったもの」との見方がある一方、「黒い天使」説、「エイリアン」説、「高エネルギー高速飛行生命体」説、「天使とともに降臨するイエス・キリストを描いた空中ホログラム映像」説など、ネット上には様々な憶測が飛び交っている。

    また、翼を広げて飛び立つ姿は、米国などで目撃報告がある「モスマン」を連想させるものがある。

    モスマンは1966年頃に米国ウェストバージニア州ポイント・プレザント周辺に出現した、翼をもつ謎の飛行生命体。因果関係は不明だが、モスマンが目撃された直後に同地区の橋が崩落し、多数の犠牲者が出る大惨事となったことでも知られる。

    このことから、モスマン出現を大規模災害の前兆現象ととらえる説がある。

    今回目撃された生物がモスマンと同じものかどうかは不明だ。メキシコでの大災害発生の可能性も含め、事態の成り行きを注意深く見守る必要がある。

    no title

    no title

    http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2540

    【【UMA】 黒い天使が出現、メキシコ(画像あり)】の続きを読む

    md307


    1: 名無しさん 2016/02/29(月) 22:43:25.69 ID:42dJZxJg0●.net BE:614796825-PLT(17667) ポイント特典

    【【閲覧注意】象みたいな豚、中国で誕生する これ神獣だろwwwwwwww(※画像あり)】の続きを読む

    great-white-shark


    1: 名無しさん 2015/10/25(日) 20:54:31.11 ID:zOVHo7Ho0.net BE:284465795-PLT(12000) ポイント特典
    ホオジロザメは映画ジョーズの、恐ろしいシーンを連想させる。
    冷たく死んだ目をし、海水浴を楽しむ人やサーファーを襲う。
    そんな恐ろしいホオジロザメは、海にしかいないと思っているかもしれないが、なんと陸上で発見されたのだ!それも木片から !
    no title


    これは自然がつくった芸術だ。ネットで公開されたこの写真は6時間で50万以上も閲覧された。
    http://www.goldenpost.top/archives/1043313227.html

    2: 名無しさん 2015/10/25(日) 20:55:04.88 ID:ioAygQBM0.net
    お分かり頂けただろうか

    【【衝撃】ホオジロザメがとんでもない場所で発見される!!!(※画像あり)】の続きを読む

    o-CATS-facebook


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 08:55:15.41 ID:BqKCyiVg0.net BE:284465795-PLT(12000) ポイント特典
    タイのワンジン村の人たちは、この変わった生物の誕生に困惑していました。
    no title


    この不思議な生物は爬虫類のような暗い色のうろこ状皮膚をしており、頭はまるでクロコダイル

    のような見た目ですが、バッファローから生まれたようです。この生物が産まれたとき、村人た

    ちは赤ちゃんが生まれる前のゴミだと思ったようですが、よく見ると違ったようです。現在は、

    この奇妙な生き物が村に幸運を呼ぶのではないかとあがめられているようです。
    http://www.economical.top/archives/1041965996.html

    【【閲覧注意】タイでワニとバッファローを組み合わせたような生き物が発見される・・・・・・(※画像あり)】の続きを読む

    yjimage

    働きアリの97%が働いていなかった事が判明 誰だよ働きアリなんて命名したアホは

    1: ボマイェ(埼玉県)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 10:09:32.67 ID:iCYP1lrZ0.net BE:984925692-PLT(13000) ポイント特典
    ほとんどの働きアリは働いてないことが判明

    no title


    2:8の法則なんてもんじゃなかった…!
    アリといえばチームワークのイメージですが、働きアリとは名ばかりで、実はまったく働いてない働きアリが圧倒的大多数を占めることがアリゾナ大学の最新の調査でわかりました。

    調査対象は、北米の松林に生息する茶色の小さなアリ「Temnothorax rugatulus」。
    一般的に分業体制をつくる種として知られ、餌を集める専門、巣をつくる専門、卵の世話をする専門がいます。
    ところが巣を詳しく調べてみたら、これとは別に、なんにもしない専門がいたのです。
    研究班ではまず5つのアリの巣をラボに用意し、巣の構成員全員にカラーペイントで点の目印をつけました。
    そして2週間に渡って、HDカメラで1日6回5分間ずつアリの動きを記録してみたのです。

    すると、働きアリのうち71.9%は半分以上の時間怠けており、25.1%に至っては1度たりとも働いている姿が観測されなかったんだそうな。
    観測中ずっと精力的に働いている働きアリは、たったの2.6%でした。この結果は学会誌「Behavioral Ecology and Sociobiology」9月号に掲載中です。

    過去の研究では、休むのは一時的なものであって、24時間サイクルのシフト交代制で働いているものと思われてきました。
    が、怠けるアリは昼夜関係なく1日中怠けていたのです。
    これはもう、どう考えても仕事の合間の休み時間ではありません。これはこれで専門なのではないか、そして働きアリの分業体制の中でそれなりに重要な役割を担っているのではないか、と研究者たちは書いていますよ。



    http://www.gizmodo.jp/2015/10/post_18479.html

    【【衝撃】働きアリの97%が働いていなかった事が判明!!!!】の続きを読む

    shutterstock_156284201


    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/08/18(火) 15:24:15.25 0.net
    no title


    太古から生息するといわれるゴキブリーーーまさか、好きなんていう人はいないよね。
    ところで、ゴキブリが一番発生するのはどこか? そんなデータが公表された。

    マイスターワークス(東京都)は、同社が運営するゴキブリ駆除相談サイト『ゴキブリ駆除マイスター』によせられた、過去1年間(2014年7月1日~2015年7月31日)の相談実績をもとに、「都道府県別ゴキブリ発生リスク」を算出し、その結果を発表した。

    それによると、相談件数は都道府県の世帯数におおむね比例、大都市圏が多い傾向があるため、相談件数を世帯数で割ることで求めた「ゴキブリ発生リスク」についても同様の結果となっている。
    全国平均と比較した場合、もっとも高かったのは東京都、全国平均の3倍以上となった。

    「他地域よりもゴキブリ被害の相談件数が多い」と言える都道府県は、東京都のほかでは、大阪府、神奈川県、千葉県、京都府──やっぱり、都会に住んでいる限り、ゴキブリから逃れられないのね。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150818-00000007-ovo-life
        

    3: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/08/18(火) 15:25:09.25 0.net
    やっぱりトンキンか

    【「ゴキブリが一番発生する都道府県ランキング」が発表されるwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    al_pose02


    1: ファルコンアロー(東京都)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 19:47:43.92 ID:EA4bhWpY0.net BE:878978753-PLT(12121) ポイント特典
    韓国で大発生する生物「ヒモムシ」 未確認の新種であり生態は調査中

    うだるような猛暑の中、台湾で、タイで、そしてお隣の韓国でも、とんでもなく気持ち悪い軟体生物が立て続けに出現中だーー。

    no title

    米No.1タブロイド紙、『ウイークリー・ワールド・ニュース』のニール・マクギネス編集長は、その生物を“リボンワーム”、日本での名前が「ヒモムシ」だと説明する。

    「実は最近、東アジア各所でヒモムシ出現の報告例が後を絶たないんだ。地球温暖化の影響だと思う。動画を送ったから、それを見ながら話をしよう。まずは台湾だ。これはミドリヒモムシというんだが…」

    そう言ってマクギネス編集長が見せてくれたのは、台湾で海釣り中の男性が発見したミドリヒモムシのYouTube動画。
    そこには緑色の軟体生物が映っており、体からピンクの舌のようなものがどんどん伸びてくる。なんだ、この気持ち悪さは…。


    「この動画の個体は体長1mクラス。長いピンクの舌のようなものは『吻(ふん)』と呼ばれ、獲物を捕らえる捕食器官だ。ナマコとかを捕まえて丸のみするらしいね」

    【【閲覧注意】まるでエイリアン! 韓国で大発生する新種の軟体生物が日本上陸、生態系破壊の可能性も・・・・・(※画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ